FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
パパン・・・・・
今日、仕事の帰りに数メートル先からチャリにのったおばはんに、チリンチリンと、鈴を通り過ぎるまで鳴らされたみっちゃん(´・Д・`)ゞだすっ!!
なんかおもろくて、そのおばはんの顔をがん見してたんだけど、一回も目を合わせてもらえなかった(゜д゜)<あらやだ!
なんてゆーか、顔で判断してはいけないんだろうけど、やっぱりとゆーか何とゆーか、思った通りの意地の悪そうな顔でした(☆´・ェ・)(・ェ・`★)ネー


まぁ、話は変わって

先週、パパンから電話が来ました。
うちの姉夫婦が、土日を利用して実家に帰って釣りをするので、私も来ないか?との事でした。

   「で、みっは来ないのか?」

 「( -ω-)ンー」

   「ん?どうした?来るんだろ??」

 「行かない」

    「!!( ; ロ)゚ ゚ 」

  「(。´・ω・)ん? 」

    「ぱ、パパンはみっも来ると思って。凄くすごーく楽しみにしてた                  んだぞ!!」

パパン・・・・そんなに私と遊びたかったのね・・・・
なんとなく、パパンが可哀想になった私は、ちょっと気持ちが揺れ動き、行くと言おうとした

瞬間!!

     「ま、しょうがねぇな」


ブツッ


ツー 

ツー





・・・・・・・・・




・・・・・




パパンの゚+.(*´pωq`)゚+.バカァ
スポンサーサイト
【 2006/09/20 16:10 】

| 日記 | コメント(3) | トラックバック(2) |
_| ̄|○))オヒサシュウゴザイマス((○| ̄|_
~~旦_(-ω-`。) ドモドモ
風邪と言う名の仮病を使って、仕事を常に休みたいと思っている
みっちゃん゜ェ゜)ゞでしっ


でも、結局、風邪と偏頭痛が一緒にきても帰ると言えなかった私・・・゚+.(*ノェノ)゚+.


風邪と言えば、悲しい思い出を思い出しました・・・・・


先日、風邪をこじらせて一人家で熱にうなされてた時の事・・・・

そう、あれは一本の電話から始まった・・・



私が、風邪で寝込んでたのを知ってる友達Hチャンは、夕方電話をくれた。
一人暮らしの風邪は、かなり淋しく、Hチャンのやさしさがかなり嬉しかった。

 

あんな、悪夢のような出来事が起こるなんて夢にも思わず・・・・



Hチャン:「みっちゃん風邪大丈夫??」

私 :「うん・・・ありがとう、熱が下がんないんだよね~」

Hチャン:「ご飯はちゃんと食べたの??」

私 :「それが、食欲なくて朝から食べてないんだよね~ゴホッゴホッ」

Hチャン:「え~ダメだよ~~ちゃんと食べないと~~今からなんか買っていってあげるね」

私 :「ホント~ありがと~ごめんね~グスッ」


なんて、やさしい友達なんだ・・・幼稚園からの付き合いだけど、
今、生まれて初めて彼女のやさしさに触れた気がする・・・・・




そうこうしてるうちにピンポーン



お、早いな~などと思いながら玄関のドアを開けるとHチャンが満面の笑みで立っていた。



Hちゃん:「はい、これ」

私 :「あ、ありがとう。」



ガサガサと袋の中を確認すると、カラアゲ・・・・





カラアゲ?










1(ワン)




2(ツー)





3(スリー)





4(フォー)





からあげやん!!!




(ごっつええSEED2参照)



そして、エビフライ・・・



しかも、通常のエビフライの半分ほどの大きさで、なんと20個近く入ってた・・・



そして、なぜかおにぎり二個・・・



呆然とその場に立ち尽くしてると、彼女は家に入りこみ



「さ、食べようよ」



食えるかっ!!(ノ ゚Д゚)ノ === ┻┻



な、何を言っているんだこの女は・・・と、思いながらもわざわざ買って来てくれたんだから・・

と、自分に言い聞かせ一緒に食べることにした。

しかし、熱のある私は当たり前だけどほとんど食べれなかった・・・



Hちゃん:「早く良くなってね^^」

私 :「ウ・・ ウン(-ω-`;。)」



胸焼けのする胃を擦りながら、彼女を玄関まで送り、



(絶対、逆になったら同じことしてやる・・・ギャフンと言わせちゃる・・)

などと、思っていたら、彼女に聞こえたのか、おもむろに振り返り手を差し出してきた。



私は、意味がわからず戸惑っていると



Hチャン:「1000円」



は??



Hチャン:「だから、この食料に1000円かかったから頂戴^^」





ギャフン!!!





Hチャン:「え?」


私 :「いや・・・なんでもない・・・・」


そうして彼女は、私のおごりで、昼ご飯を食べていっただけだった・・・・・・


いったい何しに来たんだろう・・・・あの人・・・・・
【 2006/09/10 14:19 】

| 日記 | コメント(5) | トラックバック(2) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。